voice2

著名人のテレビ・ラジオ・twitterでの発言まとめ

「殉愛」およびさくらに対する著名人の反応 - 懐疑派、批判派、その他
※関連ページ↓


懐疑派

笑福亭鶴瓶 『ヤングタウン』でメモに疑問を呈す

MBSラジオ ヤングタウン日曜日 2014年11月16日夜10時放送
鶴瓶「こないだショッキングなことがありましたよ
  たかじんの日記がテレビで放送されました」
 「たかじんがオレのことを(日記に)書いてるわけですよ」
 「たかじん、オレのツレやで。あいつオレのこと『つるべぇ』って書いてんねん」

一同爆笑

鶴瓶「おかしいやろ、なんで『つるべぇ』やねん
  たかじんは俺のツレやで、ずっと鶴瓶って呼ばれてたんやで?おかしいやろ」 
  あいつ、『つるべ』『つるべ』ゆうとったで」
  びっくりしたがな」
  

  • 別のネット民の方の書き起こし
こないだね、ショックな事がありましたよ
たかじんの日記がテレビで放送公開されましたよね
ほんで、それはまぁいいんですよ、さくらさんという素晴らしい奥さんが居られてね(ここ、微妙に語気が強い)、それはいいねんけどね たかじんの日記が紹介されて
何?殉愛とか何とかやってたけど ぼくハッキリ見てないねんけど
たかじんの日記が紹介された中にね、たかじんが俺の事書いてるわけやねん 
書いてんねん 東京の人間はね、つるべえさんとかいうやんか、つるべえ、つるべいとか書くやんか
たかじん俺の連れやで あいつ日記にね”つるべぇ”って書いてあんねん
おかしいやろ? なんで”つるべぇ”やねん あいつ連れやで
おっかしいやろ!!(語気強い)なんで俺”つるべぇ”やねん!?


あいつからしたら あいつ俺を”つるべ” ”つるべ”いうとったで 
”つるべぇ”って書いたあんねん  小さい”ぇ”いらんで!
ビックリしたがな えぇっ!?「”つるべぇ”へ」なの?  あいつからいうと俺は!?
この間俺に”つるべ”言うてんねんで そやのに”つるべぃ”とか”つるべぇ”とか
小さい”ぇ”書いたあったやろ ビックリしたわ俺
こいつホンマもっぺんちゃんと棺桶から出して ”つるべ”やでって
”つるべぇ”は安心できるって書いたあったんや いや、違う人ちゃうか?


明石家さんま『ヤングタウン』で『殉愛』をインチキと暗に揶揄

7日放送の『ヤングタウン』(MBSラジオ)で、明石家さんまが百田尚樹氏の著書『殉愛』を揶揄する一幕があった。

さんまは、自身の関係者が「さんまファミリー」という本を出版することになり、その内容のチェックを頼まれているのだと話した。
しかし、本にはさんまの失敗談などが書かれているものの、著者本人にとって都合が悪いことは書かれていないという。

さんまは「その本、出たところでインチキですからね。ホンマのこと書かれてないからね」と声を荒らげた。

これを聞いた共演者が「ダメですね」と相づちを打つと、
さんまは「でしょ。ダメでしょ。そんな勝手なことしたらダメでしょ。ウソばっかり書いて」とまくし立て、
さらには「やしきたかじんさんの奥さんと親戚の関係みたいになるから」と、『殉愛』を暗に「インチキ本」と揶揄。

この発言に、村上ショージは大爆笑。さんまは、話題を「さんまファミリー」の本へと戻し、
「『ホントだもん』とか言って今揉めてるんですよ。でも店頭には出てるんでご安心ください」とまとめた。
  
  

有吉弘行 さくらの名刺とともに殉愛が事務所に届いたと発言

  • 有吉ラジオ SUNDAY NIGHT DREAMER 2014年11月23日放送
有吉弘行:そういえば、あの~今凄いでしょ? やしきたかじんさんの本、あの百田さんの『殉愛』ってやつ。事務所に届いてましたよ! 貰っちゃったよ。 あれ入ってたよ!やしきさくらさんって名刺、奥さんの。

ダーリンハニー長嶋:入ってました?

有吉弘行:入ってたよ、幻冬舎のやつ来てた。 何かたかじんさんがさ、色んな人にメモを書き残しってったって話題になってんじゃん。 本当なの?嘘なの?って。 あれないかな~?見たいよなぁ?

ダーリンハニー長嶋:見たいっすね。

有吉弘行:どうしよかな~「あいつ嫌い」って書かれてたら。

ダーリンハニー長嶋:わあははははは。

有吉弘行:なんかインドとか行ったら、インド行ったらさ、なんか運命の葉っぱがあるっていうんだよ! 誰でも行ったら「有吉です~。」ったら、「有吉さんね!はいはい!有吉さんね~この葉っぱ!」って、運命の書いてある葉っぱがあるっていうの。

ダーリンハニー長嶋:はいはい。

有吉弘行:それみたいだなぁ~って思ってたの。

ダーリンハニー長嶋:だわはっはは。

有吉弘行:その、たかじんさんのメモ用紙。見たいなぁ~。 でも、出てきたら逆に見たくないかもな~。

ダーリンハニー長嶋:ちょっとね、怖いっすね。

有吉弘行:運命の葉っぱと一緒でな。 インチキかもしんないしな、本当かもしんないし、ファンタジーだな。
  

作詞家・及川眠子 twitter(@oikawaneko)より

※及川眠子氏はやしきたかじんの代表曲『東京』他、多数のヒット曲を手掛けている有名な作詞家
及川眠子@oikawaneko
百田尚樹『殉愛』。内容に関してはとりあえず置いといて、及川が書いた『エゴイズム』の詞が引用されていた。
でもあの詞のいちばん肝心な部分をカットしていて、ただの浮気OKな歌に成り下げての紹介。さすがの百田さんでも詞が読み込めないんですねぇ。
あれはホントは「女の怖さ」を書いたものです。
2014.11.12 15:16

及川眠子@oikawaneko
そう言えば。私はヨメとマネージャー双方に会った、たぶん数少ない人間の一人。
しかもどちらの味方でも敵でもない(つまりどっちに付いても私の得にも損にもならない)フラットな立場。勿論たかじん本人も知っている。
そういう人間に会うのは不都合があったのかな?
2014.11.16 03:42

及川眠子@oikawaneko
『殉愛』に関して、フト疑問。百田さんは秋元さんには取材に行ってるようなのに、
なぜ39曲(未発表を入れれば70曲以上)も詞を書いた及川のところには取材に来てくれなかったんだろう。
百田作品ファンだから、いつでもどこでも会って何でも喋ったのに〜。
2014.11.16 03:35

及川眠子@oikawaneko
『殉愛』の表紙に感じたすっごい違和感。なんでだろーと思っていたが、はたと気付いた。たかじんってあんな字を書いたっけ?
もっと読みづらい変ちくりんな字だった記憶が・・・。病気になると筆跡まで変わっちゃうのかな?
2014.11.16 17:23

及川眠子@oikawaneko
『殉愛』の中で、肝心な部分をカットして引用してくれている『エゴイズム』の詞。
あの詞を読みこめないってことは、つまり強かな女にコロリとやられて当然ってことだったんだなぁ。残念。
2014.11.16 18:31

及川眠子@oikawaneko
やしきたかじんはとても詞を大事にする歌手だった。彼は『エゴイズム』もきっと好きで、だからいつもコンサートで歌ってくれていた。
彼があの詞の意図するところに気付いていないはずはない。だから、自分の浮気の言い訳にあの歌を使うわけがない。私はそう信じている。
2014.11.19 00:28

及川眠子@oikawaneko
さくらさんに歌を遺したのを聴いて、ああ彼はやはり「歌手たかじん」に最期までこだわったんだなと思った。
そして、その歌手たかじんを支え続けたのは、百田さん言うところの「生前彼が嫌っていた人物たち」だ。
2014.11.16 21:32

及川眠子@oikawaneko
最初は『エゴイズム』の詞の浅薄な解釈に呆れていただけ。そのうち、1人の私人を犯罪者と決めつける内容に、おいおいそれは違うぞという怒りに変わった。
今はさしずめ片想いの相手を必死で追いかけてるような気分か。何度も書くが、私は百田作品のファンなのだ。
2014.11.17 13:16

及川眠子@oikawaneko
あー。正義感なんかじゃないよ。誰かに頼まれたワケでもない。ただのノンフィクションマニアのおばちゃんが、勝手に言い散らかしているだけのこと。
だけどその本には私の知ってる人が登場し、私の書いた詞が引用されていた。だから、どうなの?って聞いているだけ。
2014.11.17 13:24

百田尚樹@hyakutanaoki
自分は何の迷惑もこうむっていないのにヒステリックな正義感(?)を振りかざして他人を攻撃する人間も腹立たしいが、この機に乗じて売名行為する作詞家というのも実に厄介や。
2014.11.18 23:38

及川眠子@oikawaneko
写真集なんか出せるような年齢と容姿なら、いっくらでも有名な人に擦り寄って売名行為したのに〜。自分に残念。
2014.11.19 00:17

及川眠子@oikawaneko
私が売名行為、すか? 名前売って何の得になるんでしょうねぇ? テレビに出たいわけでも小説書いて売りたいわけでもない。
むしろ時間使って損してるだけ。こんな無名の私ですが、百田さんにお相手していただいて嬉しいす。
2014.11.19 00:13

及川眠子@oikawaneko
イワンのバカさんが筆跡を検証してくださった。本の表紙の字が本人のものであるなら、完全に私の記憶間違い。
結果的に煽ってしまった原因は自分にあると認めてお詫びします。
2014.11.20 04:31

及川眠子@oikawaneko
えーと...。あの状況をみんなが見てて、でも誰も何も言わなくて、だから私の常識が変なのかなぁとずっと思っていることなんだけど。
追悼番組に骨壺(遺骨)を持って観覧に来るのって、普通なの? しかも「やしきも眠子さんに会えて喜んでます〜」って
骨壺差し出されて、実は結構びびった。
2014.12.19 02:09

今井舞 週刊ヒトコト斬り サイゾーウーマン 

「本人がいいって言ってるんだから、いいじゃない」という結論を導き出すのは簡単だが、やしきたかじんの件があるからなぁ。「本人がいいって言っても、やっぱダメ」を言い続ける人間がいてくれる大切さ。享受しましょう。

 映画といえば話題の『ゴーン・ガール』を見てきたのだが。見てる間、なぜか家鋪さくらさんのことばかり頭に浮かんでしまった。やってることはまったく違うんだけど。目的を完遂する女ってのはスゴいなっていうね。……結局また、ノンフィクションで完遂しちゃうさくらさんが一番すごいって話で終わるんだが。今週も原稿3本全部載ってますでしょうか。

◎守護霊インタビューもぼちぼち出るか
 やっぱりどこの雑誌も「できれば触れないでほしい」と難色を示されるやしきたかじん妻・さくら原稿。さくらを書けるのはもうサイゾーウーマンだけ。って、別に目の覚めるような新情報とかじゃないんだけど。先日、なんとなくたかじんのHP見たら腰が抜けた。料金取る有料の方じゃなく、誰でも見られる、出演番組なんかが出てるヤツ。たかじんが亡くなる前は、淡々と各局レギュラーの番組情報等が提示されてたのだが。久々に見たら、ガラリと一変。もう、どこもかしこも「さくらのコメント」だらけ。例の「殉愛」系もてんこもりだが、すごいのは「ほんでも中途半端はあかん!やるなら徹底的に、プライド捨てて、あほなって、笑てもらえ、感謝せえ!!」等々の、「生前私にたかじんはこう言った」を、言語調で掲載しているヤツ。ひえええーっ。これもう完全に「詔」ってことだよね。コメントの最後には、必ず「office TAKAJIN 家鋪さくら」の署名付きで。頭が高い! ははーっ。
 なまじ「たかじん」の冠を各番組に残してしまったゆえ、今後全てに彼女が関わってくる展開に。「こんな形にするために、たかじんさんの名前残したんじゃないのに……」という、出演者、番組関係者、いや、関西圏全体からのため息が聞こえてきそうだ。あと、彼女の元に落ちる金の音な。
 ステルス状態からたかじんの死後スッと現れ、雑誌を抑え、テレビ局を抑え。本当に、未曾有のどてらいプロジェクトXである。この原稿、掲載されてるんでしょうか。

◎関東におけるコンセンサス
 週刊誌間での代理戦争状態の、やしきたかじん妻報道。彼女に批判的なのは、百田尚樹先生が書いてくれる可能性が永遠にゼロの「週刊朝日」(朝日新聞出版)と「サンデー毎日」(毎日新聞)くらいだ。つまんね。逆ならいいのに。しかし、ダンマリを決め込んでいた報道が動いたのは、「週刊文春」(文藝春秋)の連載で林真理子御大が「おかしい」と発言したのがきっかけだそうな。さすが御大。百田先生もそれに反論と。文壇は動いているのであるな。まだ読んでないけど。
 しかし、そんなことより気になるのは、林真理子先生がエッセイでたかじんのことを「大阪のカリスマ芸人」と表現されていた点だ。むう……。彼を歌手だと思ってるのは関西圏だけで、世間一般ではあれ「芸人」なのか。水も漏らさぬ文藝春秋の校閲がスルーしたということは、そういうことなのか。じんちゃんが東京を嫌った理由がなんとなく実感できた気が。なんか死後、いろいろごちゃごちゃミソがついちゃったよなぁ。本当に「殉愛」なら、遺産放棄するってのはどうでしょう。言ってみただけですよ。
 ……たかじんフォーエバー。

◎大阪商人を凌ぐ才覚
 『ベストヒット歌謡祭』(日本テレビ系)で、玉置浩二が「やっぱ好きやねん」歌ってたけど。いつも何だかんだで歌には兜を脱がせられてきた玉置浩二であるが、これはピンとこなかったなぁ。「やっぱ好っきゃねん」て歌ってもらわないと。「好きやねん」じゃあ、違う歌になっちゃうのである。ソウルミュージックだからさ。
 亡くなった後に伝説が止まらない高倉健に対し、やしきたかじんは、ちょっと違う様相を呈している。本人の武勇伝には変わりはないが、嫁が……。やっぱり、たとえやしきたかじんでも、弱った時は弱いのか。「ヤバい」と言われていた通り、本当に、どてらい嫁であったことが、じんちゃんの死後次々と判明。「俺の本を出すなら百田に助けてもらう」のメモ発見というビジネスセンスがもう、天才やんけ! ベストセラー作家抑えられたら週刊誌何にも書けへんやんけ! 悔しいけどあかん! 優しい女には毒がある! なめとんか! あー。たかじん伝説が最後の最後でまさかこんな形になってしまうとは……。愛したあとからメランコリー。たかじんフォーエバー。

◎膨張する「たかじん嫁」像
 「葬儀に母親も呼ばなかった」と聞いて、「やっぱり」の感しきりのやしきたかじん葬儀。結婚の際の嫁の第一報からして、「イタリアでネイルサロン経営」だったもんなぁ。イタリアでネイルサロン経営……。何もかも漠としてよくわからんが、胡散臭さだけはビンビンに伝わってくるこの感じ。それが満を持して形になって現れた気がするのであるが。
 この人、ちょっと年齢違うけど、『アッコちゃんの時代』(新潮社)の匂いがする。尾崎豊の嫁さんとも友達だったりしてな。お互い「妹みたいな存在なの」「いろいろお世話になりっぱなしで」とか言い合ってたりして。それか、「あの女だけは苦手」と、会ったこともないのに敬遠し合ってるか。どっちに転んでも正解! って、勝手に「つながってる」と決めつけてるワケだが。いや絶対どこかでつながってるはず。そこに受け継ぐ女がいる限り、バブルの魂は死なず。

批判派

豊崎由美(書評家) twitter

豊崎由美@ガタスタ屋ですが、それが何か?@toyozakishatyou
百田尚樹氏の問題① 初版25万部の印税が入ってくれば商売的には大成功だし、
ネット民が「こんな一方的な取材&嘘八百のノンフィクションを書いたら作家生命終了」と騒いだって、
出版社が「売れる作家」と見積もっている限りは仕事は途絶えないし、
2014-11-19 14:19:12

豊崎由美@ガタスタ屋ですが、それが何か?@toyozakishatyou
百田尚樹氏の問題② 週刊誌もドル箱作家を叩く記事なんか載せないんだから、
この件だって早晩うやむやになることは見えている。
でも、作品をいくつか読んだ限りでは百田氏は小説家としては「中の下」くらいのレベルなので、
日本人のリテラシーがまともならばいずれ作品は売れなくなると、
2014-11-19 14:23:51

豊崎由美@ガタスタ屋ですが、それが何か?@toyozakishatyou
百田尚樹氏の問題③ わたしは長い目で百田氏の作家生命の終わりを予想している。
なので、百田氏叩きをしている方には「作品を買わないことが一番効果的」であることと
「読んでもいないのに、さくら氏への悪印象だけで『純愛』を叩くのは逆に宣伝になるのでやめたほうがいい」
とアドバイスいたします。
2014-11-19 14:24:30

豊崎由美@ガタスタ屋ですが、それが何か? @toyozakishatyou
百田尚樹氏の問題補足 いや、百田氏の作品が好きな方は買えばいいし、読めばいいと思いますよ。ベストセラーを読む仕事をした目からすると、実際ベストセラーの多くは「中の下」くらいの文章力で書かれた作品だったりするので、百田氏の作品が好きな方が多いのはその傾向からしても理解できますので。
2014-11-19 14:27:47

豊崎由美@ガタスタ屋ですが、それが何か?@toyozakishatyou
あ、「百田尚樹氏の問題③」で書名を間違えてしまいました。×純愛→○殉愛。
百田氏並び『殉愛』ファンの皆さん、失礼いたしました。ごめんなさい。
2014-11-19 14:29:48

豊崎由美@ガタスタ屋ですが、それが何か?@toyozakishatyou
殉愛ものが読みたければ、内田百閒の『ノラや』を読むといいよねー。
2014-11-19 14:38:54

吉村智樹(『たかじんnoばぁ~』等を担当した放送作家)

吉村智樹@tomokiy 2015/01/08 00:38
婦人公論の手記でもっとも括目すべきは、たかじんさんがのこした手紙の「間」という字のクセ。

吉村智樹@tomokiy 2015/01/08 18:37
たかじんさんが娘に怒っていたという理由に「見舞いに来ない」がある。
つまりたかじんさんは、娘は自分の病状も居場所も知っていると思っていたってこと? でも遮断され娘は何も知りえなかった。
てことはたかじんさんは誰かに娘を誤解させられて死んだのかな。

吉村智樹@tomokiy 2015/01/08 18:48
自分は誰とも連絡がとれない状況にあると自覚していたら、当然ながら娘が見舞いに来ないからって怒らないよ。

maru@maru80647110
で #殉愛 の、プロローグの17頁より。 百田に委員会で喋らせる。おもろい。
本間にテレビが好きやないとナイトスクープはできん。
テレビを悪くしていく人間やスタッフが多い中、本物のテレビマンであり、ジャーナリストであり作家である。


吉村智樹@tomokiy 2015/01/09 22:10
〉RT ここがもっとも疑問なんです。
朝日放送が大嫌いだったことで有名なたかじんさんがナイトスクープを観ていたとは思えないんだよなあ。
まして褒めるなんて。あれほどテレビの話をしまくってたたかじんさんがナイトスクープを観てた、好きだったって聞いたことあります?

吉村智樹@tomokiy 2015/01/09 22:25
座付きに近い放送作作家を抱えてかわいがっていたたかじんさんが、
喧嘩別れした朝日放送の番組しか担当してない、しかも面識がない人に対して「本物のテレビマン」的なことを言うのが不思議。

吉村智樹@tomokiy 2015/09/02 11:50
元マネージャーK氏の提訴に対して「天国のたかじんはそんなことを望んでない」という人がいるけど、いやいやむしろ提訴を喜ぶだろう。
生前大嫌いだった朝日放送の番組しかやってない放送作家に、しかも一度も会ったことがないのに愛だのなんだのの本を書かれるなんて屈辱以外のなにものでもないだろ。

吉村智樹@tomokiy 2015/09/02 12:33
「天国のたかじんさんも百田さんを応援していますよ」というツイートまであってびっくり。
たかじんさんが愛した作詞家の名前も知らず売名行為だと罵った作者の本を、たかじんさんが応援しなきゃいけない理由って何があるの。

町山智浩(アメリカ在住ライター) twitter

町山智浩 @TomoMachi
全然筆跡違う。権利主張に使う手紙などを偽造すると私文書偽造になると思ったけど。
matome.naver.jp/odai/214159336… 百田尚樹「殉愛」やしきたかじん筆跡が違う 徹底検証!
2014-11-19 09:44:39

水道橋博士

  • twitterより
水道橋博士 @s_hakase
作家が売れっ子であるが故に作家タブーによって身のスキャンダルから守ってもらうほど「文士の恥」はないと思うが……。
2014-11-19 00:44:27

(百田からの返信ツイートに)
水道橋博士 @s_hakase
さまざまな疑惑が噴出する「殉愛」問題、
とにかく「探偵ナイトスクープ」に持ち込んで謎を解明して欲しいく・ら・いの洒落で返して欲しい
2014-11-21 01:00:41

  • MX『バラいろダンディ』2月27日放送
最近だとですね、こっぴどく騙された経験は『殉愛』っていう本ですかね

百田とのバトル

「忙しい」「忙しい」と悲鳴を上げていたら……
なんと百田尚樹からTwitterで名指しの返信が……。
 
ついについについに開戦ーーーー!!!!!!!!
 
      • -------------------------
RT @hyakutanaoki (百田尚樹さん)
私は放言はするが威張ったことはない。この人、私に何か個人的な恨みでもあるのかな。会ったこともないのに。あと、悪口を言ってくる人をブロックするのは個人の自由だと思うが。
 
↑先生、お忙しいところをわざわざご返信ありがとうございます。
      • -------------------------
 
【以下の内容で、百田さん宛にツイート】
「『鋼のメンタル』も読ませて頂きましたが、今、作家として日本人として恥の感覚が御座いますか?先生のツィートと共に一斉に襲いかかる、口汚いツィートのファンの方々を恥ずかしくないですか?作家として」
 
「百田先生、こんな恥じらいのない人たちを煽動して、自分のファンにつけて、それで『自分が戦争を賛美するような人ではない』と言えるのですか?ボクはひたすら恥ずかしいです」
 
「百田先生はTwitterのある程度の仕組みはご存知ですか?ご自分のファンがどういう活動や書き込みをするかわかっていますか?そして先生が『殉愛』でノンフィクション作家の価値をどれ程下げたか。ジャンルに泥を塗ったか、おわかりなんですか?」
 
「先生が凛とした作家であるならば、本来『「殉愛」の真実』(宝島)に対して文において答えるべきだと思われませんか?先生は本来ノンフィクションの最低限のルールを持ち合わせますか?」

※このやり取りの詳細はこちら→水道橋博士氏、百田尚樹とかに誤爆される

画像を表示

映画評論家 木村奈保子 twitter(@nahokokimura)

(※提訴前)
木村奈保子 @nahokokimura  2015年2月23日
殉愛の真実、読みました。悪女特有のやり口はほぼ想像通り。それを見事に
この本が証明してくれた。まさにツボを突くプロの仕事。ここまでわかると、
刑事事件への展開必須。西岡さんのスラップ訴訟の本も読んでいますが、
根性違いますね。素晴らしい!

木村奈保子 @nahokokimura  2015年2月24日
「殉愛の真実」は、たかじん妻の自作自演ストーリーを信じて書いた百田尚樹
「殉愛」の嘘を木端微塵に打ち砕くノンフィクションの傑作。人格障害を伴う
悪女の怪しい言動を逐一調査し、彼女に関わる過去や現在の周辺人物に綿密な
取材を重ね、危険な... http://fb.me/3jiQhaDAl(リンク先削除?)

木村奈保子 @nahokokimura
531事件で驚いたのは、ネット民と呼ばれる人々の層、質が昔と変わっていたこと。
彼らは正体こそ明かさないが、ネットの中でヒステリックに騒いで憂さ晴らしをする
どころか、ネットを冷静にツールとして使い、明らかに真実の追求へと向かっている。
他方、事件の中心人物や一部の雑誌が勉強不足だ。
2:06 - 2015年4月26日

朝堂院大覚(武道家)


  • たかじんの財産を狙った美人局 【NET TV ニュース.報道】朝堂院 大覚 Watch Insider 2015 0325"

竹内義和、八幡愛 『竹内+愛のコードレスでいこか』での飛松証言

竹内+愛のコードレスで行こか 39:00~46:00くらいまで 2015年4月1日 第4回 配信分

愛:私、今日花見してきたんですよ。(中略)主催者が飛松五男さん。(中略)東京から鈴木邦男さんもいらっしゃって。一水会の。(中略)で、ここの番組でしゃべるという一応許可をもらってきたんで、大丈夫やと思うんですけど。なんかね、まず飛松さんて今もバラエティとか良く出てるじゃないですか。それこそ、たかじんの番組とかも出てはって。なんかみんなでしゃべってたらそんな話になって。鈴木邦男さんが、最近殉愛問題にすごい興味があるらしくて「あれどうなってんの?」って言い出して。「いやあれはこうでね、こうでね」って竹内さんからお伺いした話とかをいろいろしてたんですよ。で、「あの反対本みたいなのが出たんでしょ」「いや、あれが売れてるんですよ」っていう話をして。
 そしたら飛松さん入ってきて「さくらさん、会うたで」って言って。「えー、どんなんやったんですか」「ええ女や」って言うて(笑)なかなかさくらさんの話って、そっち側聞くことないじゃないですか。そしたらね、たかじんのそこまで言って委員会の『たかじん』をなくすっていうのでみんなでなんか集まったんですって。番組で。で、そのときにまぁ辛抱さん出て、司会とかしていろいろやってたらしいんですけど。その時にさくらさん来はって。で、さくらさんと飛松さんて仲良いらしくて。で飛松さんって結構すごいフランクな方やから「さくらさん、おー、さくらさん」「あー、飛松さん」って言って。で、なんか「あれ、なんかキレイになったな」って。なんか綺麗くなったらしくって。で「なんか韓国に行くって言うとったやん。ちょっといじったやろ」「『えー、いじってないですよ』とかいう話ができるくらいなんや、俺」っていうところから始まって。それで飛松さんが、みんな関係者とかいっぱい来てて、「いやー、ほんでもあれやな、百田君。もうちょっとうまいことなぁ、書いてくれたら良かったのになぁ。さくらさんが一人悪いみたいに今なってもうとうやん」って大きな声で言うてあげたんですって。「ほんなら喜んで、喜んで」言うて。なんかそのあとすごいお手紙頂いたらしいです。「俺もう返事せなあかんねん」って。

竹内:いやそれね、まぁある意味ええ話なんだけども。それってさ、百田さんいかれてるってことやなぁ。せっかくさくらさんのことを思って思って書いたのに。

愛:さくらさんってやっぱり、自分に言ってくれる人がおらんのでしょうね。で、それを大きい声で言うから「『いやー、もうそんなぁ』って言いながらついすり寄って来たわ」って。で、どんな女やったんですかって聞いたら、めっちゃいい女らしくって。なんか男性がね、まぁ綺麗は綺麗らしいんですけど、ふーって行ってしまうものを持ってるんですって。オーラを。で、なんか俺も行きそうやったっていう話で(笑)

※この後2015年4月28日配信の『コードレスでいこか』にて飛松五男をゲストに呼ぶが、飛松は汗をかきながらさくら擁護の発言以外せず。竹内義和が食い下がるも、「素敵で清純な感じの人」「実際会ったら考え方が変わると思います。さくらさんに会ったら綺麗だし魅力ある」とコメント。しかし、翌回2015年5月6日配信の『コードレスでいこか』(0:04:40あたりから)にて、前回の放送以後、飛松氏の元にさくらから「どういうことや」「何でもっとちゃんと言ってくれへんの」「含みを持たすような感じでなくハッキリ言うてくれ」と抗議の電話と手紙が届いたと八幡愛が暴露。さらに関西のTV番組のスタッフからも飛松に連絡があり「さくらさんが何か言うてますよ」と言われたらしいと語った。竹内も飛松をフォローしながらも、さくらさんはエゴサーチをしているようだ、自分がどう言われているか常に気になる人、悪い芽は小さいうちに潰しておくタイプだというのが分かる、吊しあげるようなことをしたいわけではない、言いたいことがあるならぜひ番組に出て自分の考えを発言して欲しい、とコメントした。


吉田豪の及川眠子インタビュー 2015年7月3日

──『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)はおもしろかったですけど。
及川 おもしろかったですよね。よく調べたなっていう。
──作家としての百田さんについてはどうですか? もともと百田さんの本を読んではいたんですよね。
及川 ほとんど読んでました。文章がベタだなっていうか(あっさりと)。
──そんな感想!
(中略)
──『金スマ』のたかじん特番とか観て、「あれ?」ってなり始めたような感じですかね?
及川 亡くなって1ヶ月後の追悼番組に来てくれと頼まれたんですよ。やだって言ったんですけど、どうしてもって言われて。
──やだって言ったんですか(笑)。
及川 それで仕方ないから大阪まで行って。その番組に出て帰るとき、声をかけてきたのがさくらさんです。すっごい感じのいい人なんですよ。
──ほう!
及川 小倉優子みたいなしゃべり方する人で、感じのいい人だなと思ってたんだけど、やっぱり骨壺がね……。こうやって骨壺見せられると、この人は変わってるなって(笑)。
──さくら夫人が、なぜかたかじんさんの骨壺を抱えていて。「不思議ちゃん」のひと言で片づけていい感じではなさそうだぞってなりますよね。
及川 うん、あの骨壺を下げてくるのは感覚的に「ん?」っていうのがあって。そのあと、たかじんを偲ぶ会に行ったとき、まずマネージャーとか音楽関係がほとんど呼ばれてなかった。そこで「あれ?」と思って。で、たかじんの兄弟と娘に紹介された。そのときも「あれ?」と思ったのは、「なんで親族がこんな末席? で、なんで嫁は真ん中?」っていうのがあって。そのあと、さくらさんに名刺を渡されたら「オフィスたかじん」って書いてあって、「うわーっ、これは揉めるな」と思った(笑)。
──ダハハハハ! その時点でもう見えてたんですね(笑)。
及川 これは揉めるなって。そのあとに、たかじんに20年ずっとついてたマネージャーの野田さんの還暦祝いに呼ばれて大阪に行ったとき、Kマネって呼ばれてる彼に「あの女は何?」って聞いたのかな。「じつはフェイスブックで知り合って」とか、そういうことを。
──フェイスブックで知り合った経緯もミステリーですよね。『殉愛』ではたかじんさんがネットナンパしたことになっているけれど、さくら夫人からいった説も濃厚だったりで。
及川 そうそう、もうなんとでも言えますからね。
──あのたかじんさんが知らない女にネットで声をかけてくるかって話ですよね。
及川 べつに女に困ってる人じゃないし。
──顔写真も出てない人にナンパみたいなことするかなって。
及川 第一、やしきたかじんってすっごい面食いだから、「ん?」みたいなのもあったし(笑)。
──そしたら案の定、騒ぎになって、及川さんがTwitterでコメントしたっていう流れなわけですね。
及川 そして売名行為と言われ(笑)。
──百田さん、ホントに及川さんのこと知らなかったんですかね。
及川 ホントに知らなかったと思います。
──『殉愛』で及川さんの歌詞を引用してるのに! ボクにしてみれば、ホントにずっと名前を見てきた人なわけですけど。
及川 あの人は歌とか興味ないんじゃないかな。だから、歌手やしきたかじんに興味を持ったわけではないと思う。

その他

爆笑問題 TBS深夜ラジオで百田をお笑いのネタに 2015/03/17放送

田中「4月1日水曜日からですね、JUNKがラジオ関西でも聞けるようになります」
太田「おっ!ほんま?ほんまかいな?」
田中「ほんまです」
太田「ワシもポストたかじん言われとるからな」
田中「いや、言われてないわ、全然」
太田「百田!聞いとるか!」
田中「ほんとにやめなさい。本気でやめなさい」
太田「百田!ワシのこと書いてくれ!」
田中「うるさいわ、ほんとに」

村西とおる twitter 2014/12/07

画像を表示

  • 最終更新:2017-10-17 00:12:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード