bo-memo


傍聴メモ1

「殉愛」が出版されて以来、公には沈黙を守り続けた“Kマネ”がついに証言台に立ちました。
本の中で、百田尚樹のtwitterで、週刊誌で一方的に「悪人」とされたKマネの肉声に注目が集まりました。


2015年8月31日 傍聴メモ覚書

さくら→打越氏第2回口頭弁論にて、たかじん元マネージャーのK氏が被告側証人として出廷しました。

傍聴された方へ:追記や修正がありましたら直接編集頂くか、wiki掲示板等に追記コメントを頂けると編集いたします。
正確な記録を作りたいと思っておりますので、訂正などありましたら遠慮なく編集、コメントお願いいたします。
  • 曖昧な部分は適宜関連リンク先より補足しています

※原告:家鋪さくら、被告:打越元久

《関連リンク》


Kマネ証言より

乙15号証より・たかじんと証人の関係

(原告弁護士:◆ K氏:☆ 被告弁護士:◇)
◇たかじんとの師弟関係について
☆たかじん弟子を経てマネージャーになった。
やしきが亡くなるまでの25年間マネージャーをしていた
仕事内容は、仕事、プライベート、四六時中一緒で(師匠の)生き様を教わる
たかじんの寝室にも。
寝てる時以外はずっとそばにいた。
前妻の時も常にそばにいて、やしきを共有していた。
前妻は良くできた方で、2人でやしきを守っていた。
弟子は打越氏と2人だけ。

☆打越氏は短い間の弟子だったが兄弟弟子でずっと相談相手だった、仕事のしんどさを相談しあう。
打越氏と相談しあってた。
打越氏とは普段電話したり会ったりしてた。

『殉愛』について

(原告弁護士:◆ K氏:☆ 被告弁護士:◇)
印象は?
☆表紙を見て、本の帯に原告写真を出されるんだ、師匠と一緒の写真ですけれども、それが載っているのに驚きました。
 (原告は)メディアに出てなかったので驚いた。

取材は?
☆百田氏とは会ったことも無いし、取材されたことも無い。

あなたはこの本ではKと書かれているが、このKがあなたのことだと容易に特定出来るか?
☆25年間業界にいるが、ずっと師匠の傍で二人でいたので、やしきのマネージャーのKと言えば自分。

他に書籍に登場してますか?
☆『殉愛』の3ヵ月前に出た『ゆめいらんかね』に本名で出ている。

本の印象は?
☆非常に事実を歪曲し、あたかも自分が犯罪者であるかのように書かれた。
 原告が「業界内でKとは連絡を取るな」と狭い業界で仕事が出来なくなったので、
 大阪から東京に出て働くようになった。

☆犯罪者のように書かれたことで、原告が周囲に、僕と連絡を取ってはいけないと言ったようで、
 狭い世界の中で仕事をすることが出来なくなった。

☆殉愛の中に出てくる『U氏』は自分(Kマネ)よりたかじんと長い付き合い。
 U氏、前妻、娘さんも悪く(ひどく)書かれている。

殉愛を読んだあとは?
☆嘘だらけの本がノンフィクションで出されるのはいかんと(思った)。

なぜ(Kマネ自身で)発信しなかったのか?
☆東京の事務所(※前の勤務先)より、『問題が大きいので発信はならん』と言われていた。
 打越氏や他の誰かに代弁依頼もしていない。
 これがノンフィクションだというのが許されるのかと(涙声)


PIS

☆PISにはH1〜H26までいた
 吉村弁護士より『次の代表は原告(さくら)だと思ってくれ』と言われる。
 株主が何人もいて、やしきの持ち株は一部(12%)だったので(原告は)代表になれなかった。
 自分と娘さんとでH26年10月20日まで代表を務めた。

 原告はH26年3月3日にオフィスたかじんを立ち上げたが、PISとしては知らなかった。
 →この事は打越氏に伝えた。


不動産

☆大阪のマンションはPIS、ローンが2年残ってた(月43万円)。
 たかじんさんより月々10万円もらっていた。
 今は原告が住んでいるが、月10万の支払いしかされていない。
 PIS自体、稼いでいたのはたかじん一人であるから、家賃10万円はたかじんに対する便宜を図った金額である。
 たかじんの死後、収入が断たれたPISが月43万を払わねばならない、残り33万円はPIS持ち。
 たかじんが払っていた時と同様の10万ではおかしいと、家賃増額の内容証明を送ったが、
 原告からは「10万円が妥当」との返答。

マンションから出ていってもらおうとは思わなかった?
☆退去依頼はしていない。
 億ションに家賃10万円で住み続けようとするような人、出ていくわけがないと思いました。
マンションは億ション、僕が契約(手続き)したが、セキスイ担当者がその時と同じ、今売ると8000万円、賃貸に出すと40万円、との事だった。

遺言について

たかじんさんの状態は?
☆ソファーに座って、背筋を伸ばして座っていた。
弁護士を同席させてのビデオ・遺言作成は原告が強くアドバイスしたと聞いた。
12月25日にやしきから東京に呼ばれ、余命は2ヵ月と聞いた(涙をぐっと堪える)。
「さくらが言うんや、遺言書を作らなあかんと言いようんや、ちゃんとせなあかんと言いようんや…」と言った。
(たかじんは)元気ではなかったが、2人で3時間話した。

実際、遺言書を作る時の知らせは顧問(吉村)弁護士から。
知らせを受けて病院には駆け付けたが、実際に撮影をしていた時に病室で立ち会ったりはしておらず、その時の様子は見ていない。
遺言書そのものを見たのは、26年の3月下旬か。

遺言書をあなたに見せたのは?
☆テレビ局の人です。
これから看板料はPISでなく、オフィスたかじんに支払う。その根拠として、この遺言書があるからだと。

26年3月3日のオフィスたかじんの設立について事前に聞かされていたか?
☆全く知らされていなかった。驚きました。


筆跡について

☆やしきの字は毎日見てきた、一目見たら分かる。
最初は似せてたけど最後らへんは似せていなかった。師匠の字ではないと思った。
3月3日の偲ぶ会のおみやげ、写真とか格言メッセージにはやしきの字もあったが、違うのもあった。
金スマで紹介されたメモも、なかには師匠の書いたものもあったかもしれないが、違うと思うものが多かった。

コブクロメモ

誰が書いたのかという話はしたか?
☆話してないし相談もしていない。
コブクロさんに師匠の歌を歌ってほしい主旨のメモがあったが、あれなどは似せようとすらしていない。

そのことは打越氏には言ったか?
☆言いました。


乳がんについて

乳がんについては
☆原告より直接聞いた。H25年夏頃に乳がんになったと言っていた。
抗がん剤治療でうつるから、医師から説明があって承諾書にサインしたと。

それを聞いてどう思ったか?
☆そんなことがあるのかな?と。それならば私も承諾書を書くべきだと思った。
私には、医師からそんな説明はなかった。
原告からの説明は「放射線治療で乳がんになった」と。

Kマネ以外に聞いた人は?
☆U氏(上田氏)も聞いた。
U氏とは、やしきに30年以上信頼されてた人。

他の病気では?
☆乳がんとしか聞いていない。

たかじんさんは原告の乳ガンについて何と?
☆10月末に大阪に呼ばれて結婚したと聞き、
K「本意ですか?」
T「さくらが乳がんなったから、責任とる。さくらがオレの世話してたんは確かやから責任とる」

「(やしきは)『いや、あいつ乳ガンになったやろ。責任取ったらなあかんねや。」
「うつったかどうかは分からんが、俺の看病をして乳ガンになった」

乳がん治療は?
☆(原告は)目眩などでよく病院には行っていた。
(乳ガンの手術は)大阪(ミナミ)のナグモ病院。

☆乳ガンの日帰り手術をナグモ病院ですることになったというので、
「家族や親族ではないけど、サインしましょか、送りましょうか?」と聞いたが
原告は「けっこうです」と断った。
やしきは原告の乳がんを信じていた。


火葬場で

「マカロンみたい」発言について
☆火葬には立ち会っていない。文春2月6日号で読んだ。

火葬に立ち会った人から聞いたのか?
☆文春で読んだ後に吉村弁護士に確認したら、「参加したメンバーで外に漏らすのは松本さんしかいない、松本さんが記者に言うたやろう」と言っていた。
(マカロンみたいと原告が言ったことを松本氏が文春の記者に伝えたんだろう)
吉村弁護士も「マカロンみたい」と言ったことを聞いている。

他に聞いていた人は?
☆前の奥さんも「ほんまに言ったよ」、娘さんも「聞いた」と言っていた。


反対尋問

たかじんのサポートに関して原告と対立した関係になったのは何故?
☆私は原告をおかしな人だと思っていたので、やしきを守りたかった。

具体的には?
☆面会に行っても、まず原告に報告しないと病室に入れなくなった。おかしいと思った。

たかじん亡き後、株は
☆株はわからない

株についてはいつ把握した?
☆(PIS)代表になる前後にたかじんの持ち株を把握した、原告とは対立していた。
がん発覚頃は打越氏とたかじんさんは直接連絡をとってない。
打越氏とは連絡を取り合ってたが、たかじん闘病中は頻繁ではない。

打越氏のラジオは迷惑でなかったか?
☆迷惑な行為ではない。打越さんとは頻繁には連絡していなかった。

東京の芸能プロダクションにはいつから?
平成26年11月に入った。社長から『発言することはならん』と言われていた。
今年の1月末に辞めた。

打越氏に原告のことを悪く言うのは何故か?
打越氏は殉愛が嘘ばかりと言ったが、あなたや娘さんについて嘘だと思う部分だけ話せばよかったのでは?
殉愛は百田氏が書いたのでは?(話噛み合わず)
百田さんは原告の話を100%聞いて書いたのだろうから、兄弟子が原告に怒りを抱いたんだと思う。

ネットラジオで打越氏を使って反論したのでは?
☆そうではない。

遺言について、原告は作成に立ち会ったか?
☆立ち会ってない

VTRは見たか?
☆(病室に)入ってないので見ていない。
吉村弁護士はPISの顧問弁護士。
たかじんの遺言は後に見た。だいぶたってから。
「冠料をオフィスたかじんへ」という内容。4月半ば?

誰が作った?
☆誰が書いたか分からなかった、後半は誰かにお願いしたように感じた。

先程の原告の手術(H25年夏)の件だが、原告の手術は(たかじんの)放射線治療のもっと前なんですよ!?
☆(原告弁護士に尋ねる)そんな時期に手術していたのは初耳です。一体、何の手術ですか?
◆原告弁護士答えず。「・・・。」

マカロン発言について
☆吉村弁護士に確認したら「参加メンバーで外に漏らすのは松本氏だろう」と言った。自分もそう思った。
松本とは会っていない。


弁:さくらさんから放射線治療でうつったと聞いたのか?
トイレとかPET(あとは聞き取れず)

原告代理人はKマネに「自分を擁護するなら” 殉愛”に対し損害賠償を起せばよく、原告を非難するのはお角違い」と言っていたが、
被告代理人は「殉愛という事故本を書かせた原告に対して憤りを感じている」と反論をKマネに即し、氏は「その通りです」と答弁。
原告代理人は黙らざるを得なかった。


打越氏証言

(▽:打越氏、◇:被告側弁護士、◆:原告側弁護士)

  • 参考 

乙14号証より・たかじんと証人の関係

▽Kマネとは入れ替わりの兄弟弟子、今でも親密、特別な思い。
師匠と弟子は大事に考えている。実の兄弟と(聞き取れず)

たかじんさんとは節目節目で挨拶していた(年賀状など)
H24年1月ガン Kマネより連絡あり、マスコミより前。
闘病生活に付いても聞いていた。どうなん?頑張ってます、など当たり障りない程度。

Kさんから全ては聞いていない。言えないこともあったと思う。 世間話をしていた。
Kマネは原告を通してでないとたかじんに会えないような厄介な状況に置かれていた。
KマネU氏はたかじんの側にいたいのに、看護師に許可がいるようになる。「寝てるからダメ」
詳細は亡くなってから聞かされた。
電話はもちろん、大阪に来た時は会って話した。
Kさん以外は西岡さんや、ひのさん(女性自身記者)など雑誌の記者の方などから話を聞いたが、印象の違いは無かった。

殉愛の印象

▽殉愛の内容は、聞いていた話とは違うので驚いた。
この本を出版して良いのかと思った。

たかじんは黒を白という人。弟子が反論するのはおかしいと思った。
Kマネの為ではない。
こんな本、やしきを知らない人が読んで、
やしきの名、娘さん、U氏のいわれなきことが事実として広まるのは許せない。

Kさんが言えれば良いが、ネットラジオで反論するしかないと思った。
ネットラジオの影響力は全くないと思う。リスナーも300くらい。
YouTubeのアップは関与していない。

原告の社会的評価が下がることを考えていなかったのか?
▽本を出しているのに?
原告は本の帯にも写真が載っていて、TV出演もあり社長にもなっている。

遺産、PIS、大阪のマンションの件、遺言などKさんや記者の方々から聞いた。
原告が寄付辞退をうながすなど、たかじんの思いと違う方向に(行っている)
たくさんの人の関心がある。

筆跡について

▽4年4ヶ月弟子をやっており、たかじんの筆跡は分かる。
アナログ時代だったので用件などを書いたメモを毎日見ていた。
妻はファンクラブ会員で、会報に直筆ページが2ページあってそれを見ていた。
金スマや殉愛を見て、「筆跡が違う」と話していた。誰が書いたとは言ってない。
乳がんがうつった発言は女性自身を見てKマネに確認、西岡氏、日野さんからも聞く。
乳癌の件は女性自身に乗っていたのでKさんに「ほんまの話?」と電話した。
(乳がんがうつる)あり得ないと思った。

マカロン発言について
▽文春に書かれてて、Kマネにも確認し、西岡氏にも聞いた。
マカロン発言も文春を見てKさんや記者の皆さんに電話して聞いた。

反対尋問

S61年弟子入りし、H2年に離れる。(弟子として)約5年間

「(たった)5年程度の弟子」「25年ほど期間が空いてる」

ネットラジオの発言にはたかじんさんから直接聞いたものはないのでは?
▽たかじんさんから直に聞いたことは無い。K氏から間接的に聞いた。
K氏だけでなく記者、西岡氏、日野氏、他たくさんの人から聞いた

原告と衝突したと?
▽今までやってたことが出来なくなったと聞いた。衝突じゃ無くて一方的に来て困ってると。
──ここで傍聴席から非難の声が上がる──
▽Kさんが困ってると聞いた。亡くなってから頻繁に。
Kさんは芸能プロダクションの社長から殉愛の批判を控えろと言われたと。
Kさんの代わりではない。殉愛の本の反論だ。

インターネットラジオは
▽一日で削除している、アクセス数が300程度だったのが3000~4000に増えたので畑中氏の事務所の意向で削除した。
ネットラジオについて、一週間でダウンロードで出来なくなる仕組みにしていたが、300が3千となって怖くなって消した。
拡散する可能性は認識していなかった。

──再び記者の方々から聞いた云々のやり取りになり傍聴席から失笑──

原告のことばかり言ってないか?
▽やしきたかじんが無様すぎると思った。
殉愛には虚偽の内容がある。Kさんや記者の皆さんから聞いた。
たかじんの描かれ方に納得がいかない。
百田氏が原告から聞いた(一方的な)話をノンフィクション、おかしい。



 最後に裁判官が「裁判所としては熟している。10月28日(水)1時15分から判決」
と言われました その後で「和解勧告は可能か」と型通り言われました


  • 最終更新:2017-05-19 21:30:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード