memorial

ここで記述する「たかじんメモリアル」とは、2014年3月3日に家鋪さくらが代表となって設立した版権会社Office TAKAJINが運営するwebサイトを指す。


概要

画像を表示
  • やしきたかじんメモリアル
2014年6月2日、やしきたかじんオフィシャルウェブサイトから
『やしきたかじんメモリアル』へ名称を変更
運営会社 株式会社OfficeTAKAJIN、TVTVTV株式会社
責任者 相原康司


  • やしきたかじんメモリアルフレーム切手販売サイト
販売者名 やしきたかじんメモリアル事務局
代表者氏名 記載なし

切手販売期間

画像を表示
当初の発表では2014年12月20日~2015年2月20日、5万セット限定で売り切れ次第販売終了だったが、実際には2015年4月の時点でまだ売られていた

規約違反の疑い1(切手編)

  • スレ★180より
54 :可愛い奥様@:2015/01/30(金) 10:48:39.24 ID:V45DH3610
たかじんオフィシャルHPのトップ画面に出てくる
たかじん切手の「予約受付中」真下の白枠に小さな字に
「日本郵便が作成」ってまだ書いてある。
http://yashiki-takajin.jp/

本当に詰めが甘い運営者だよね
魚拓っていうの私には技術がないから取れないんだけど


56 :可愛い奥様@:2015/01/30(金) 10:51:53.14 ID:rMa0f2hP0
>>54
魚拓
http://archive.today/dy7qJ

「今回の商品企画及び製造・販売に関しましては、やしきたかじんファンの有志が集い、
在りし日のやしきたかじんの姿を永遠に残そうとの想いから、日本郵便㈱が作成したものです

との記述あり

上記から数日後、
「日本郵便㈱」を「日本郵便㈱」に一字変更されている
画像を表示
↑2015年1月27日現在
日本郵便(株)の文字が削除され、
「今回の商品企画及び製造・販売に関しましては、やしきたかじんファンの有志が集い、
在りし日のやしきたかじんの姿を永遠に残そうとの想いから作成したものです。」に変更されている

規約違反の疑い2(切手編)

スレ★180より

512 :可愛い奥様@:2015/01/30(金) 16:18:58.24 ID:sKZvZzYD0
以前、消費者庁と日本郵政に通報したと書き込んだ奥です。
前スレで別の奥様もレスされていましたが、私のところにも日本郵便から回答がありました。

回答の主旨は、以下となります。

○やしきたかじんフレーム切手は顧客からの依頼で作成したもので、日本郵便のオリジナル商品ではない。
○切手の納品後は顧客の管理となるので、販売方法については日本郵便は一切関与していない。
○著作権侵害の画像を使用することは約款で禁じている。

前スレの奥様とほとんど同じ内容の回答文と、回答のあった日時もほぼ同じ(昨日の16時頃)です。
おそらく、同様の問い合わせが複数あった為、日本郵便内で内容を協議し、一斉に質問者に返答したものと推測されます。
確実に郵便局の中の人にも本件が認知されていると思われます。

また消費者庁の回答がありましたら、お知らせいたします。
以上!
オリジナル切手作成サービス - 日本郵便

>肖像権や著作権等の侵害になるものなどは、ご利用いただけません。詳しくは、
>「オリジナル切手作成サービス」利用約款第3条(禁止事項)をご覧ください。

>「申込画像に関する権利を有する者の全部の同意」とは、
>申込画像を二次利用してオリジナル切手を作成することに対する同意を指します。
>申込画像の撮影に同意していても、オリジナル切手の作成に同意していることにはなりません。(←重要)

第3条(禁止事項) 
(1)
>他者のプライバシー、肖像権、著作権、商標権その他の権利若しくは財産の侵害となるもの
>又は侵害となるおそれのあるものを申込画像に利用すること。

>「たかじん1周忌メモリアル切手」に、 たかじんの親友の写真家が"青天の霹靂”

・フレーム切手の台紙と切手一枚にA氏が撮影した写真が使われていた。A氏がたかじんのためにマネージャーに預けたもの。
 昨年4月にサクラから写真データの管理を申し出るメールをもらい、許可したが
A氏は営利目的以外で、ファンのために追悼番組などで放映してもらうこと等を想定していた。
・対価はいらないが、写真を営利目的で使ってもらいたくなかった。
(『サンデー毎日』2/1号 )

規約違反の疑い3(切手編)

>・たかじんメモリアルwebsiteにて限定販売する切手について
>特定商取引法における返品方法についての記載がない 

青山繁晴 official website より

2014年12月30日
「たかじんメモリアル」というサイトについて問いあわせる書き込みがいくつか来ています。
 そのサイトに、ぼくの動画などもあるということですが、ぼくは存じあげません。
 さっき、サイトに行ってみましたが、パッと見ただけでは分からず、いま海外出張中ということもあり、それ以上は時間も掛けられません。
 問い合わせの中には「その動画を見るのは有料。見れば青山さんにもいくらかは入るのか」という質問もあります。
「それなら、青山さんのためにもなるから見ようと思う」という善意のお問い合わせのようですが、もちろん、1円も入りません。
 そして、求めることもありません。

 たかじんさんの魂が安らかでいらっしゃることだけを祈ります。


資料用魚拓


Facebook 「やしきたかじん」ページより


やしきたかじん
1月2日 ・ 編集済み ・
1月3日は、やしきたかじんの命日。早いもので1年が経ちました。
殉愛が出版されて以来、色々な事が言われています。
しかし、やしきたかじん自身が最期に愛していた女性はさくらさんだった。これだけは彼以外の何人も否定することは出来ません。
確かにさくらさんの過去の事で、私たちが知らなかった事がたくさん出てきました。様々な噂もあります。もしかすると美化されていることもあるのかも知れません。
しかし現時点ではそれら全て憶測でしかないのです。
今一度思い出して下さい、やしきたかじんという男を。
これまで何十人もの女性を泣かせ、毎日のように新地で遊んでいた生粋の遊び人の彼が、(悪い言い方ですが)さくらさんに手のひらで転がされていたとは到底思えないのです。
何よりも1番大切なのは、彼自身が幸せだったかどうか。
彼が幸せだったであろうと私たちが確信出来ることが2つあります。
1つ目は2人の数々の写真。あの写真の彼の笑顔は、とても幸せそうでした。そして2つ目はiPadに録音された最後の曲、「順子」を改めた「さくら」。本当に愛が感じられる歌詞と歌声でした。
彼がもし生きていたら、色々な記事のパネルを指し棒で叩き『お前らなんも知らんくせにじゃかましいわ!俺のことや、ほっ・と・い・て・く・れ!』ということでしょう。
1月3日の命日は、いつも以上にやしきたかじんの事だけを思い出して、やしきたかじんに酔いしれてください。

  • 最終更新:2017-08-03 20:58:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード